Posted on

精神的損害に対する慰謝料請求をするタイミングは…。

離婚に関するアドバイスのために相談に来ている妻の離婚原因でナンバーワンだったのは、「夫の浮気が発覚した」でした。今回のことがあるまで、我が家には縁がないトラブルだと考えて生活していた妻がほとんどで、夫の浮気という事実に、現実を受け入れられない気持ちや夫への怒りがすごいのです。
精神的損害に対する慰謝料請求をするタイミングは、浮気や不倫が発覚した場合や離婚成立の際以外にもあります。実例では、話し合いが終わっている慰謝料の支払いを離婚後になって滞るという場合があるようです。
いろいろと違うものなので、決まった数字はないのですが、不倫が主因となって離婚という結果になったのであれば、慰謝料として支払う金額は、安ければ100万円位、高ければ300万円位が最も常識的な額となっています。
離婚する原因は人それぞれで、「生活費をもらえない」「性的に合わない」などもあげられると考えられます。しかし、それらのそもそもの原因が「不倫の相手がいるから」だという可能性も十分あるのです。
かつての恋人から慰謝料を払うように求められた、会社でセクハラされた、これだけじゃなく他にも多様なケースが存在しているのが現実です。自分だけで抱え込まないで、一度は弁護士をお訪ねください。

3年も経過したパートナーの浮気の証拠を手に入れても、離婚したいあるいは婚約解消したいというときの調停や裁判の中では、効き目がある証拠としては承認されません。最近入手したものが要ります。要チェックです。
特に不倫や浮気調査をするときというのは、悪条件の際の証拠となる場面の撮影任務が少なくないので、探偵社や調査担当者それぞれで、尾行する際の能力・カメラなど撮影のための機器の格差がかなりあるので、しっかりと確認してください。
妻による不倫が原因になった離婚の場合でも、二人で形成した夫婦の財産のうち半分は妻の財産です。このため、別れる原因になった浮気をした方が分割請求できる財産がないなんてわけじゃありません。
夫婦二人以外にお子さんがいるケースだと、もし離婚が決定して親権については父親である夫が取ることを考えている方だったら、母親が、つまり妻が「浮気をしていたために育児をしていない」などの状況がわかる有効な証拠の提出も求められます。
加害者である浮気相手に直接精神的苦痛を受けたとして慰謝料として損害賠償請求することになるケースが急増中です。妻が夫に浮気された案件ですと、夫の浮気相手に「慰謝料請求が当たり前」といった考え方が主流になっているようです。

浮気調査を探偵に依頼した場合、まあまあの費用はかかるのですが、専門の探偵による調査だから、費用に見合った実にいい出来栄えのあなたを有利にしてくれる証拠が、見抜かれずに入手可能!だから全く心配する必要がないのです。
配偶者に浮気を認めさせ、合わせて慰謝料の請求や離婚を進めるためにも、証拠集めがどんなことよりも重要になってくると言えるのです。つかんだ証拠を示せば、反論されることもなく解決するはずです。
一般的に夫が妻の浮気を察知するまでには、ことのほか期間がかかってしまうのが普通。仕事から帰っても何気ない妻の異変に全然気が付かないなんて夫がかなりいるのです。
よく聞く離婚の訳が「パートナーの浮気」や「二人の性格の不一致」なんですが、その中でことに苦しいものは、妻や夫による浮気、つまりよく聞く不倫トラブルだと聞きます。
慰謝料として損害を賠償請求する際に不可欠な状況や条件をパスしている状態でなければ、相手からの慰謝料が相当低い金額になってしまうとか、人によってはパートナーと浮気していた人物に全然請求することができない実例になることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *